プラスアロマテラピー

アロマランプ

アロマランプ

最近は、空焚きの心配が少ない電気タイプのアロマランプが人気ですよね。私も仕事場と寝室で使っています。よりリラックス効果を高められるようにランプの色が変ったり、音楽が流れるようになっているもの増え、リラクゼーションサロン等で使われる事も多くなってきました。また、就寝前30分には部屋の照明を落とすと安眠できるといわれています。ベッドに入る前にアロマランプを使えば、香りと明かりの効果が心地よい眠りをもたらしてくれますよ。


アロマランプとは?

特徴

“アロマキャンドル”はロウソク自体に香りが付いているものですが、”アロマランプ”の場合はキャンドルや電気ランプを使ってお湯を温め、蒸発した水分にオイルの香りを乗せて部屋中に運びます。乾燥しやすい秋から冬の季節には、加湿をかねる事もできてとても便利です。直接炎を見るのではなく、ランプカバーを通して光を感じることができるためカバーのデザインや色によって、部屋全体の雰囲気を変えて楽しむことができるのも素敵ですよね。

ランプカバーを楽しむ

カバー部分に立体的なデザインがほどこされていたり、ステンドガラスのように色々な色が使われていたりするものは、オイルを使わなくてもランプだけでインテリアとして楽しむ事もできます。また、陶器・プラスチック・ガラス・紙・岩塩など、材質によっても明かりの雰囲気が違ってくるので、カバーを交換できるタイプなら季節に合わせて変えてみるのもいいですよね。アロマオイルや精油を扱う専門店では、精油をより効果的に使えることが出来るオシャレなデザインのものも沢山あってみているだけでも楽しくなります。

人気の種類と使い方

キャンドルタイプ

耐熱のガラスや陶器のお皿にお湯と精油を数的張り、耐熱皿の下からキャンドルで温めて使います。キャンドルの燃焼時間と耐熱皿に張ったお湯がなくなる速さは違うので、空焚きをしないように注意しましょう。お皿の8分目くらいのぬるま湯が、どのくらいの時間でなくなるかを始めに測ってから使うのがポイントです。また、耐熱皿の大きさにもよりますが、6畳程度の部屋の場合には5〜8滴エッセンシャルオイルをたらすのがおすすめです。


電気ライトタイプ

電気ランプの熱を利用してオイルを温めるタイプなので、キャンドルタイプより安全性が高く、ランプだけで使うことが出来るのも大きな特徴です。電気ライトの上部分には、キャンドルタイプと同じように耐熱の受け皿があり、そこにぬるま湯とアロマオイルを数的たらして使います。電気ランプタイプには、卓上やベッド再度で使える小型のものから、長時間・広範囲に香りを放つことのできる大きめのものがあります。


ディフューザータイプ

超音波の振動で水を細かい水蒸気に変え、その水蒸気にアロマオイルを乗せて空気中を漂わせることのできるタイプです。キャンドルや電気ランプで水を温めるより細かい水蒸気にすることができるため、肌へ馴染みやすく香りを優しく感じさせてくれるのが特徴です。超音波振動なのでランプをつける必要はないのですが、リラクゼーション機能としてライトがつけられているものが多く、就寝時には間接照明として使う事もできますよ。