プラスアロマテラピー

アロマ加湿器

アロマ加湿器

乾燥しやすい冬、暖房やヒーターをつけていると肌がカサカサになってしまいます。そこで欠かせないのが加湿器ですが、アロマ機能付きなら加湿と同時に香りや精油の有効成分も吸収することができます。また、加湿器の貯水タンクは、こまめに掃除していても水の臭いが気になることがありますが、芳香浴対応機能が付いているものであれば水の臭いが気になる事も防げますよ。


アロマ加湿器とは?

乾燥しやすい季節に部屋の中の湿度を適度に保ち、肌や喉を潤してくれる加湿器。この加湿器にアロマ機能が付いたものが”アロマ加湿器”です。アロマフレグランスや精油にはその種類によって、抗菌作用やリラックス効果、呼吸器系・免疫系の働きを高める効果などがあります。そのため、乾燥しやすい冬に抗菌作用の高いエッセンシャルオイルを使って室内を潤せば、風邪の予防にもなります。リラックス効果だけでなく、肌や髪、喉の潤いを保つためにも効果的なのが人気の秘密かもしれません。

人気の種類と使い方

超音波タイプ

超音波の振動によって水を気化させ、水蒸気と一緒にアロマオイルを拡散させるタイプです。超音波振動なのでキャンドルやヒーターなどの熱源は必要ありません。熱源がないのでコンパクトタイプでもしっかり蒸気を拡散できるものが多いようです。また、温めるものより細かい水蒸気になるため、じめじめとした感じが少ないのが特徴です。


スチームタイプ

ヒーターやランプ、キャンドルなどの熱源を使って水を熱し、水蒸気にするタイプです。アロマポットと同じような仕組みですが、ファンが付いていてより多くの水分を効率的に室内空間に香りと湿度を拡散することができます。熱源を利用しているので、比較的加湿効果も高く湿度の高い時に使うとじめじめとした感じになるかもしれません。


気化式

専用のフィルターに水分とエッセンシャルオイルを染み込ませてからファンなどを使い空気をあてて気化させるタイプです。目に見えないほど細かい湿気として拡散されるので、スチームタイプや超音波タイプの水蒸気のように湯気が見えることはありません。少量ずつ聞かされるので、湿度が高目の季節にも使えます。また、手軽にオフィスなどでも使える卓上タイプやUSBコネクタの付いたものも通販などで人気を集めています。


選び方

機能・デザインで選ぶ

適度な湿度を部屋全体に行きわたらせるためには、出来るだけ高い位置から湿気を出すことが有効的です。そのため、噴出し部分が煙突のように上へ高く伸びた煙突タイプ(チムニータイプ)が人気です。また、また、加湿のタイプによって加湿力や湿気の細かさが違ってきます。肌への浸透力や、部屋がじめじめとなりにくいものなど機能性で選ぶのもお勧めです。

目的で選ぶ

空気が乾燥していると肌や髪の潤いも逃げやすくなります。そのため、加湿器を購入するという人は多いのですが、肌の状態を整えてくれるアロマオイルを使える加湿器であればさらに効果的ですよね。こういった目的で選ぶ場合、エッセンシャルオイルや精油は品質の良いものを使えるタイプを選びましょう。また、年間を通して使いたい場合には、湿度を自動的に調整してくれる多機能なハイブリッド式がお勧めですよ。